コンテンツ本文へスキップ
プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

お知らせ

赤ちゃんのむし歯菌の感染源の70%はお母さん

2019年6月21日

 

生まれたばかりの赤ちゃんにはむし歯菌(ミュータンス菌)はいません。

むし歯菌(ミュータンス菌)の感染ルートはたった1つだけ。

唾液によって人から人へと移っていくんです。

 

赤ちゃんを間近でケアする人から感染する確率が高いこともあり感染源の50%70%は赤ちゃんのお母さんだと言われています。

 

小さな子供にキスをしたり、ご飯を食べさせるお母さん!味見をしたり温度を確かめたり、親子で1つのスプーンを使って食事をあげえいませんか?

 

こうしてお母さんの唾液に混じったむし歯菌(ミュータンス菌)が可愛い子供へと移ってしまうんです。

なのであ母さんのお口のむし歯菌を減らせば感染しにくくなります。

 

可愛い赤ちゃんのお口を守る為にお母さんが今日から出来る事

歯医者さんで悪いところを治しておきましょう。

定期的なクリーニングも必要です!

フッ素入りの歯磨き粉で丁寧に歯磨きをしましょう!(歯を強くします)

キシリトールガムやタブレットを取り入れましょう!(お口の中のミュータンス菌が減ったり、感染しにくい状態に変わります)

 

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
無料相談・お問合せ

フリーコール 00-777-888-50

受付時間:9:30~18:00

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る