コンテンツ本文へスキップ
プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

お知らせ

ショック!歯を抜きました

2018年7月6日

こんにちは。歯科衛生士の葦原です。

私の右下の奥歯が痛み、レントゲンを撮りました。
根が折れているので、もう抜くしかないということで、院長先生に抜いてもらいました。
今後ブリッジを入れる予定です。

この右下の奥歯は、小学2年生の時に学校の歯科健診で虫歯の治療勧告書を渡されたので、S歯科医院で
削ってアマルガム(鉛を含んだ詰め物)をつめてもらいました。
それ以来9年間治療勧告書をもらわなかったので、自分はむし歯がないと思っていました。
でも高校3年生のとき、つめたアマルガムがとれてY歯科医院で治療を受けました。

当時上の姉がY歯科に勤めていたので、そこで安心して治療を受けました。
虫歯が進行していたので神経をとって治療しました。
「神経をとる」治療をするって、虫歯が無いと思っていた高校生の私はすごくショックでした。
治療後冠を被せて終わりでした。
これでもうずっと大丈夫とずっと安心していたのですが、なんと56歳になって
痛んで治療をするなんて、思ってもいませんでした。
それも根が折れていて歯を抜いたのです。
私は歯科衛生士のメンツもあるし、ショックでした。
根の治療をして冠を被せて、もう一生痛くならないと思っていたのですから・・・。

院長先生から聞いていましたが、歯は虫歯にならない方がいいし、
削って詰めると一生に何回かまた治療をしないとならない。
今の自分に当てはまります。

私の3人の子供たちはメンテナンスに通っていて、カリエスフリー(虫歯が無いお口)です。
このままメンテナンスを続けていれば、私のような大きな治療をしないで済むでしょう。
一番良いことは、虫歯にならない事なんです!

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
無料相談・お問合せ

フリーコール 00-777-888-50

受付時間:9:30~18:00

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る